ベリーのカップケーキ


f0213180_934158.jpg

アメリカに来てから、ずっとずっと気になっていたカップケーキ。
日本で一時期ブームになった時はそれほど気にとめてなかったけど、
こちらではあちこちのお店で目にするし、誕生日会などのイベントごとにもよく登場するし、
カップケーキをモチーフにした可愛い雑貨などもあって
アメリカの人たちは本当にカップケーキを愛しているんだなあと思っていました。

私もいくつかのお店で買ってみたところ、生地は美味しいけれど
フロスティング(上にのってるクリーム)が甘すぎたりして、口に合わなかったことも何度か。
いつか自分で作ってみようと思って、カップケーキの可愛い紙カップなどを
見つけてはちょこちょこと買い集めていました。
まずは日本のレシピで、と思い加藤千恵さんの本を参考に。

生地はマフィンの作り方に似ていて、牛乳と粉を交互に加えながら泡だて器でぐるぐる。
ここで根気よく混ぜることで滑らかできめ細やかな生地になっていきます。
お店で売られているカップケーキにはどっしり濃厚なバタークリームが載っているけど
今回はフレッシュな苺を細かく刻んで一緒に泡立てたストロベリークリームと、
ブルーベリーの方にはヨーグルトをプラスしたさっぱり生クリームをこんもりと。
中には自家製ブルーベリーのジャムが入っています。
あっさりしてるので、ぺろりと食べられてしまうのが恐ろしいところ^^;

生地とフィリングとクリームの組み合わせで、いくらでもアレンジ可能なカップケーキ。
しばらくはまってしまいそうな予感です。

下の写真は、有名なカップケーキ店のひとつ、Kara's Cupcakes.
ピンク基調の内装がとっても可愛いお店。
ここの好きなところは、通常の半分ほどの大きさのミニサイズのカップケーキが売られていること。
ブラックコーヒーのお供にちょこっとつまむのに良さそう。
f0213180_9204041.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-05-06 14:52 | handmade sweets