サンデーブランチと可愛い布屋さん

f0213180_16172555.jpg

日曜日、ひさしぶりにサンフランへ!
このところ雨続きで寒い日が続いていたけれど
午後から少しだけ晴れてきて。
寒かったけど、やっぱりサンフランの街は晴れてる日が美しいなあ。

せっかく行くのだから、やっぱり美味しいものが食べたい、
ということで行き先はワシントンスクエアのMama'sへ。
どの口コミを見ても、1時間は並んだ、と書いてあったので
行列は覚悟していたけど、この日もやっぱり。。
車からたくさんの人だかりを見て、並ぶのが大の苦手の夫は
本当にここに行くの・・?と眉をしかめていました。
お店の目の前が広い芝生と公園になっていて、
Kokiをそこで遊ばせながら待つことやはり1時間。。
ようやく中へ入れてもらって、そこからレジまでも行列。。
f0213180_16183942.jpg

でもお店に置いてある雑貨が可愛くて、このお店好きな予感!
店内も決して広くはないのに、ベビーカーをいやな顔せず預かってくれて、
店員さんの対応もフレンドリーでした。
そしてお待ちかねのブランチメニュー。
f0213180_1629565.jpg

私はモンテクリストという名前の、ハムを挟んだフレンチトーストのサンドイッチ。
メープルシロップではなく、真ん中の自家製ジャムと共に頂きます。
夫はオープンスタイルのオムレツをチョイス。
f0213180_1629465.jpg

アメリカのブランチにありがちな、ボリューム勝負のメニューではなく
どちらもちょうど良い量と味付けで期待を裏切らない味でした。
待ち過ぎてお腹ぺこぺこだったのを差し引いても(笑)
とっても美味しかったー。
あんなに並ぶのを渋ってた夫も大満足だったようで、良かった。
もし並ばなくて良いのなら、また食べに行きたいな。

そしてサンフランに来たもうひとつの目的は、
こちらの可愛い布屋さん。peapod fabrics
f0213180_16312587.jpg

偶然前日このお店のHPを見て、すごーく気になって。
予感的中でした。とっても可愛い・・・
アメリカでキルトショップというと、たいていはちょっとひなびた
(だいぶ昔風の)布が並んでいて、あまり心惹かれるお店がないのだけど、、
ここは全然違う!心をぐいぐい鷲掴みにされて
どれを買おうか迷いすぎて一瞬ぼうっとしてしまうほどでした。
店内に置かれていたキルトの色合いもモダンでセンスが良くて。
しかも驚いたことにこのお店、オーナーの方が日本人なのです。
着いたのが閉店間際だったので、急いでカットクロスを少し選んで
(お値段もとっても良心的!)ほくほくと店を出たものの、
またすぐにでも行きたい気持ちがむくむく。
なかなか行きにくい場所にあるのだけど、
わざわざ足を運ぶ価値ありです。
[PR]
by cafe_machilda | 2012-03-22 16:53 | cafe