カテゴリ:handmade sweets( 46 )

f0213180_1557228.jpg
前々から楽しみにしていた女子4人でのお茶会。
この日はサンフラン市内に住む友達もカルトレインで駆けつけてくれて
ひさしぶりの再会も嬉しい。

お昼前に集まって、美味しいお茶を飲みながらめいっぱいおしゃべりしよう、
という幸せすぎる企画だったので、はりきってお菓子作り。
スイーツ期待してるね、とありがたい言葉を頂いたので
この日はいつも愛読している加藤千恵さんのカップケーキの本から、
前々から気になっていた新しいカップケーキを2種類作りました。
f0213180_1548590.jpg
f0213180_15485940.jpg

お仕事で依頼されるのもいいけれど、
大好きな人たちの顔を思い浮かべながらの
お菓子作りはやっぱり一番幸せだなあ。
スフレチーズにラズベリークリームを絞った乙女なカップケーキと、
生地とクリーム両方にたっぷりキャラメルを混ぜ込んだほろ苦大人なカップケーキ。
f0213180_1653932.jpg

いよいよ、楽しいティーパーティーの始まりです♪
Nちゃんの素敵すぎるテーブルセッティングと、手作りのティーサンドイッチにキッシュ。
それにフルーツたっぷりの紅茶と心温まるミルクティーのフルコース。。なんて幸せ。
どんなに話しても時間が足りなくなるのは毎回同じで、
名残惜しい気持ちのまま、でも心もお腹もいっぱいで満ち足りた気持ちで帰路につきました。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-15 15:38 | handmade sweets
f0213180_14373783.jpg

先日依頼されたクリスマス会のカップケーキ。
失敗するわけにいかないので、
定番の生地とクリームの組み合わせにして、
フルーツのトッピングだけちょっとクリスマスらしく。
写真ではよく見えないけれど、金箔のような星の飾りがついてます。

前日に生地を焼いておいて、
当日にデコレーション、と二日に分けて。
作業に集中したかったのでKokiはデイケアに預けて臨みました。
時間的に余裕と思っていたけど、思いのほか最後の仕上げに時間をとられて
ばたばたと急いでタッパーに詰めてお届け&Kokiのお迎えに。
普段作り慣れているものだけど、やっぱり依頼されて作るのと趣味で作るのでは
全然緊張感が違います。絞り袋を握る手にも力が。。

絞りも飾り付けも細かく見ると本当につたなくて
お届けするのが恥ずかしくなるほどだったけれど、
皆喜んでくれたよーと会場の声を翌日届けてもらえてだいぶ肩の荷が下りました。
まだまだだなあ。でも、すごく良い経験になったのは確か。
よく、お菓子作り教えてって言われるけど、
教えられるだけの知識も経験もないので本当はすごく苦手。
でももしお仕事にできるとしたら、今回のようなケータリングのかたちが
一番自分に合ってるなあ、なんて思ったり。
まだまだ遠い道のりだけど、小さな小さな一歩です。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-14 14:29 | handmade sweets
f0213180_12255396.jpg
先日、知り合ったばかりのお友達を家にお招きした時のこと。
用意していた苺のカップケーキにとても喜んでくれて、
実は、お願いしたいことがあるんだけど。
と突然お仕事の依頼を受けました。

彼女が主催している育児教室でのクリスマスパーティー用に、
カップケーキを20個オーダー頂きました。
お友達だけど、一応今回はちゃんとお仕事として依頼したいと
言ってくれて、嬉しいけれどなんだか身が引き締まる思い。

デザインはおまかせしてくれたので、
今からどんなカップケーキにしようかワクワク。
写真のカップケーキは生クリームに細かく刻んだ苺が入っていて
甘酸っぱくて大好きな味。
先日サンフランで見つけたmietteの砂糖菓子をのせたら
見た目もラブリーになりました。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-08 12:17 | handmade sweets
f0213180_15322020.jpg

毎月恒例の行事となりつつある、男祭り。
男の子を持つママたち5組での集まりを最近こう呼んでいます。

2歳前後の男の子が5人も集まると毎回それはそれは賑やか。
家が破壊されそうな勢いです(笑)
おもちゃの取り合い奪い合い、必ず誰かが泣いていて・・
でも最初は喧嘩ばかりだった彼らもだんだんうまく皆で遊べるようになって
最後はとっても仲良し。
ママたちもその間おしゃべりしつつ美味しいものを食べたり、
楽しい時間を過ごします。
f0213180_15272672.jpg

今回の開催場所は我が家。
というわけで朝からお掃除お掃除♪
最近風邪の強い日が続いていたのでベランダに落ち葉がたくさん。
お客さまが来るから綺麗にしないとね。
f0213180_15244565.jpg

本日のおやつは、かぼちゃのプリン。
毎年この季節に食べたくなるまったり濃厚なプリン。
強めに焦がしたカラメルソースも大事なポイント。
ゆるく泡立てた生クリームと共に、いただきます。
f0213180_21204486.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-06 21:23 | handmade sweets
f0213180_19325637.jpg

今年二度目のタルトタタン。
実はすごく好きなお菓子でケーキ屋さんに並んでいたら必ず注文してしまうほどだけれど
なぜか作るたびに失敗を重ねて苦手意識がありました。
先日、友達に栗原はるみさんの雑誌を借りたらパリのタルトタタン特集が載っていて
もういてもたってもいられなくなり。
さっそく作ってみました。見事成功!
オーブンに入れる前にフライパンでバターとお砂糖でじっくり飴色になるまで
煮詰めていくのがどうやらポイントのよう。
昔、同じくタルトタタン好きの母が、リンゴばっかりでヘルシーだから好き、
なんて言ってたけど、実は恐ろしいほどのお砂糖が入っています。
こちらでは紅玉が手に入らないので、お菓子には何のリンゴを使うんだろう、
と疑問に思っていたら、友達がグラニースミスという青いリンゴがいいよ!と教えてくれました。
そういえばパイシートの裏のアップルパイのレシピにも、
リンゴ(グラニースミス)って書いてあったっけ。
というわけで二度目はその青いリンゴを使ってみました。
ぎゅぎゅっと7個分のリンゴがぎっしり詰まってるので一切れでも食べ応えあります。
f0213180_19492994.jpg

タルトタタンを手土産に、最近引っ越したばかりの友達の新居へ。
お昼に中国風のお粥を用意してくれていました。
上に香菜と揚げたパンのようなものをトッピング。
味付けも絶妙で、これがとても美味しかったー。
最近Kokiがおままごとが好きで、という話をしていたら
インドネシア語でKokiはプロの料理人ていう意味なんだよ、と教えてくれました。
プロまでは望まないけど、せめて料理好きな男の子に育ってくれたら嬉しいな。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-11-21 19:53 | handmade sweets
f0213180_18504162.jpg

今週末も旦那さんは仕事へ行ってしまったので、
カップケーキ持参でNちゃんのおうちへ。
最初はファーマーズへ行ってそのあと外でランチでも、というつもりだったけれど
雨女の私たち、小雨がだんだん本降りになってきて、慌てて退散。
結局Nちゃんのおうちでお昼をご馳走になりました。
ささっと手際良くあっという間にパニーニ&サラダランチを用意してくれて、
これがまた外で食べるよりもずっと美味しかった!幸せ・・。
f0213180_1852309.jpg

その後お昼寝タイムに突入してちょっとぐずってきた子供たちを寝かせるべく
ベビーカーに乗せて外へ。
その頃にはさっきの雨が嘘のようにすっかり晴れ上がっていました。
雨粒が太陽の光を受けてきらきらしている住宅街をゆっくりお散歩。
澄んだ空気の中、木々が鮮やかな赤や黄色に色づいて、歩いてるだけで気持ちいい。
たわわに実ったざくろやイチジクの木もありました。
f0213180_18533273.jpg

母たちの思惑通り、子供たちはベビーカーでぐっすり寝てくれたのを確認して、そそくさと帰路へ。
ここからお楽しみのティータイム。
今日のカップケーキ、生地には細かく粉砕したアールグレイの茶葉、
クリームにも濃く煮出した紅茶液が入っているので
フォークを入れるとふわりと紅茶の香りが漂います。
それに合わせてNちゃんのセレクトしてくれた紅茶は
オリエンタルな香り高いキームン。
すっきりとして、カップケーキの甘さと合わせるとちょうどいい感じ!
ゆっくりと大人のお茶の時間を楽しみました。
f0213180_191291.jpg

11月に入ってから土日もずっと働き詰めの旦那さん。。
彼も可哀想だけど、私も育児の休憩時間がなくて正直ちょっとしんどい。。
そんな中、遊ぼうよ~と誘ってくれたNちゃんのおかげで
退屈な日曜日がすっかりスペシャルなものになりました。
あらためてありがとう♪
[PR]
by cafe_machilda | 2011-11-21 19:02 | handmade sweets
f0213180_2251357.jpg

街でオレンジ色のカボチャを目にするたび、
食べたくなっていたパンプキンパイ。
f0213180_22163698.jpg

Whole Foodsの棚にずらりと並んでいたカボチャの裏ごし缶(しかもスパイス入り)
を使ったのでラクラク。
下のパイ生地さえ敷いてしまえば、あとは缶の裏に書かれてるレシピに従って
ぐるぐると材料を混ぜて焼くだけ。
よく見たら去年も同じようなのを作ってました。(デコレーションも同じ・・)
f0213180_22103969.jpg

そしてこれまた毎年作っているアップルパイ。
パイ生地、クレームダマンド、ソテーしたリンゴ、のシンプルな組み合わせだけど
りんごのお菓子の永遠の定番だろうなあ。
手土産用に焼いたので、華やかにしたくて銀粉をかけてみたけど
ちょっと余計でした。

写真はないけれどりんごとプラムのクランブルやフルーツグラタンも家用に。
日本では紅玉が出回ると急いでお菓子作らなきゃ!と焦っていたけれど
アメリカではなんとなくいつも普通のリンゴを使っています。
紅玉みたいな酸味の強いリンゴ、こっちにもあるのかな。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-10-22 22:17 | handmade sweets
f0213180_1616246.jpg

朝からいそいそとお菓子作り。
寒くなったのでどっしりしたバターケーキが食べたくなって、
先日買ったばかりのクグロフ型を使ってみました。
中にはお砂糖で煮たドライアプリコット。
フレッシュの杏じゃないけど、さっと煮るとふっくら柔らかくなって美味しい。
バターを泡立ててからメレンゲと合わせる別立て法で作ったので
少し手間はかかったけど、しっとりきめ細かい生地に焼きあがりました。

ノルディックウェアが出してるこの型、小ぶりのクグロフが2台一度に焼けるように
なっていて、それぞれ少し違った形をしています。
もう一台の焼きあがりはこんな感じ。
f0213180_16193242.jpg
2台焼いて、1台は自宅療養中の友達の旦那さんのお見舞いに。
アポなしで訪ねて行ったけど、元気そうな姿を見れて良かったな。

人に差し上げる時、ホールだと焼き上がりが不安なので
こうして2ついっぺんに焼けると1つは自宅用にできるので安心。
型からもするっとはずれて、使い勝手も良し。これから大活躍の予感です。
次はキャラメルリンゴを入れて焼いてみようかな。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-10-11 16:41 | handmade sweets

f0213180_934158.jpg

アメリカに来てから、ずっとずっと気になっていたカップケーキ。
日本で一時期ブームになった時はそれほど気にとめてなかったけど、
こちらではあちこちのお店で目にするし、誕生日会などのイベントごとにもよく登場するし、
カップケーキをモチーフにした可愛い雑貨などもあって
アメリカの人たちは本当にカップケーキを愛しているんだなあと思っていました。

私もいくつかのお店で買ってみたところ、生地は美味しいけれど
フロスティング(上にのってるクリーム)が甘すぎたりして、口に合わなかったことも何度か。
いつか自分で作ってみようと思って、カップケーキの可愛い紙カップなどを
見つけてはちょこちょこと買い集めていました。
まずは日本のレシピで、と思い加藤千恵さんの本を参考に。

生地はマフィンの作り方に似ていて、牛乳と粉を交互に加えながら泡だて器でぐるぐる。
ここで根気よく混ぜることで滑らかできめ細やかな生地になっていきます。
お店で売られているカップケーキにはどっしり濃厚なバタークリームが載っているけど
今回はフレッシュな苺を細かく刻んで一緒に泡立てたストロベリークリームと、
ブルーベリーの方にはヨーグルトをプラスしたさっぱり生クリームをこんもりと。
中には自家製ブルーベリーのジャムが入っています。
あっさりしてるので、ぺろりと食べられてしまうのが恐ろしいところ^^;

生地とフィリングとクリームの組み合わせで、いくらでもアレンジ可能なカップケーキ。
しばらくはまってしまいそうな予感です。

下の写真は、有名なカップケーキ店のひとつ、Kara's Cupcakes.
ピンク基調の内装がとっても可愛いお店。
ここの好きなところは、通常の半分ほどの大きさのミニサイズのカップケーキが売られていること。
ブラックコーヒーのお供にちょこっとつまむのに良さそう。
f0213180_9204041.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-05-06 14:52 | handmade sweets
f0213180_1416580.jpg

先日のBake Saleに引き続き、被災者支援のイベントのお手伝いで
またもやお菓子を焼きました。
できるだけ数を多めに、とリクエストされたので
クッキー2種類(アーモンドチョコチップとココナッツクランベリー)
とラズベリーフィナンシェを、合わせて100個近く。
一日がかりで焼いて、車で夕方にお届け。

イベントは夜だったので当日のお手伝いには参加できなかったけど、
子供たちによるクラシックコンサート&手作り品のバザーは
現地の人たちにも大盛況で、収益金は7000ドル近く集まったとのこと。

夫の会社でも募金集めの催しが開かれたようだし、
最近あちこちでいろんな活動が行われてるのを耳にします。
遠く離れたところにいても、ほっておけない気持ちは皆同じ。
わずかでも何かに関わることで、自分の心がほんの少しだけ軽くなっている気がします。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-04-05 14:22 | handmade sweets