カテゴリ:days( 65 )

f0213180_17531132.jpg

今週末は夫が友達をナパに案内するというので
一緒にくっついて行ってきました。
雨が続いたり気温がぐっと下がったりした今週だったけれど
週末は見事晴れて、半袖でもいいくらいの陽気。
土曜の朝飛行機で到着した2人のうち
1人は極寒のシカゴから来たので
この暑さ、この空の青さが信じられないー!と大興奮。
普段あたりまえに感じているカリフォルニアの気候の良さ、
あらためて恵まれてるなあと思います。
f0213180_18124998.jpg

さてさて、一路ナパへ出発。
毎回ここへ来るたびに思うことだけど、
私たちの住む場所より格段に空が青く澄んで感じられるのは
周囲を遮る建物がないからだけなのかな。
見渡す限りのぶどう畑、そして今回一番嬉しかったのは
一面黄色の菜の花畑が見られたこと!
f0213180_17565980.jpg

私にとってはワイナリーで飲むワインよりも
この景色を見られたことが、今回ナパに来た一番の収穫でした。
車の中から見る風景に何度も心奪われてため息。

ランチしたイタリアンレストランも、
美味しいし子連れにも入りやすいよーと教えてくれた友達の言葉どおり、
雰囲気も良く店員さんの接客も気持ち良くて
ガラス越しにぶどう畑の見渡せる素敵なお店でした。
f0213180_18144852.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2012-03-05 18:19 | days
またまた長いことほったらかしにしてしまったブログですが・・
週末のお出かけのことなど、少しだけ。
f0213180_728270.jpg

先日はひさしぶりにバークレーへ。
夏に友達が置いていってくれた雑誌のバークレー特集を
眺めていたら、なんだか急に行きたくなって。
バークレーは美味しいものやお洒落なお店が点在してるので、
何度行っても新しい発見があります。
今回は4th Streetでランチ&ショッピングをメインに。
f0213180_7294058.jpg

有名なスフレパンケーキのお店。
50年代のアメリカンダイナー風の店内も可愛い。
長蛇の列ができていたけど、運よく外の席が空いていてすぐ座れました。
オーダーから20分ほど待って運ばれてきた、
熱々ふわっふわのスフレパンケーキ。
f0213180_7311240.jpg

パンケーキというよりはメレンゲたっぷりのオムレツを食べているような感じ。
生地自体は全然甘くなく、たっぷりとメープルソースをかけて頂きます。
きっとそれぞれパンケーキの好みはあると思うけど、
私はアメリカに来た中でここのが一番美味しかった!
夫はタコスをオーダー。
アメリカのレストランにはたいていメキシカンメニューも置いてあります。

お腹いっぱいになったあとは、木漏れ日の差す通りをぶらぶらとお散歩。
4th Streetは両側にお店がずらっと並んでいてウインドーショッピングに最適。
趣味の良い雑貨など置いてあるThe Gardenerや、Create&Barrelのアウトレット、
スクラップブッキングのお店などでちょこちょこお買い物。
その間Kokiはパパと近くの踏切で飽きもせず電車を眺めていました。
f0213180_736294.jpg

帰り際、あと一箇所だけ寄りたいところがあるんだけど・・
とお願いして連れて行ってもらったのが、iciという可愛いアイスクリーム屋さん。
シェパニース出身の女性がオーナーだそうで、前回友達と行こうとしたのだけど
中心地からあまりに離れていて、あきらめたのでした。
アクセスの悪さにもかかわらず、お店の前にはやはり長蛇の列。
f0213180_7353156.jpg

パステルカラーの、可愛らしい店内。
f0213180_7384329.jpg

お洒落なだけじゃなく、とっても美味しかったー。
遠いけど、必ずまた来たいお店リスト入り決定。
帰国が近付いてきて、お気に入りの場所に出会うたび
あと何度来れるかなって考えてしまう。
バークレーもそんな街のひとつです。
[PR]
by cafe_machilda | 2012-03-03 07:43 | days

f0213180_17563691.jpg

あっという間に2月も半ば。
日本から戻ってきて半月以上が過ぎました。
帰って1,2週間は思った以上に時差ボケがきつくて
Kokiと二人で目覚めて時計を見たら、午後の3時で目を疑ったり、
夜中の3時にお腹空いた~と言われ慌ててご飯あたためたり・・
昼間もぼーっとしていてあまり気力もわかず、
なんだか自分が自分じゃないみたいでした。
でもあえて予定を入れて無理にでも朝起きるようにして
なんとか少しずつリズムが戻っていって、
今ではもうすっかり元通り。
と言いたいところだけど、やっぱりまだちょっと夜型生活。
これはたぶんしばらく直らなそう。

それはさておき、日本でのめくるめく日々はとっても楽しいものでした。
3週間近く実家で過ごして、毎日のように出かけては友達に会ったり
お買い物したり、とにかく家にいる時間がほとんどないほど動き回っていました。
会いたい人、行きたい場所、まだまだたくさんあったけど、
それはまた夏の本帰国後のお楽しみにとっておくことに。
しばらく会わない間に友人たちの子供が大きくなっていたり、
新しい家族が増えたり、おうちを買っていたり、皆それぞれ変化があって
1年の月日の流れをしみじみと感じました。

1年ぶりの日本、帰る前はちょっとドキドキしていたのに、
みるみるうちになじんでいく自分に唖然とするぐらい
居心地の良さを感じました。
人生の大半を過ごしてきた場所だから、当たり前といえばそうかもしれないけど。
海外に憧れて、狭い日本を出てずっと外国に住んでみたいと思っていたのに、
いざ出てみると日本の良さばかりが際立って見えてしまったりして。
日々無意識に感じている、外国暮らしゆえの不便さからくるストレスから、
見事に解放されてる自分に気付きました。

でもそれはきっと一時帰国という限られた期間だからであって、
完全に日本に戻ってしまったら必ずきっと、このカリフォルニアでの暮らしを
懐かしくきらきらと思い出すんだろうなあ。不便さも全部含めて。
だからアメリカでの残されたあと数カ月を、悔いのないように
一日一日大切に過ごしてゆきたいと思います。

日本でも、アメリカでも、帰ってきてただいまっていえる場所があるのが嬉しい。
暖かく迎えてくれる家族と友人たちの存在に日々助けられてます。
[PR]
by cafe_machilda | 2012-02-16 18:19 | days
f0213180_37449.jpg

羽田に着いた翌日は、飛行機で広島へ。
スーツケース3つ抱えて、大移動の末ようやく
旦那さんの実家にたどり着きました。
今年はお兄さんとお姉さんも帰省して、大人数でわいわいと過ごすお正月。
年越しそば食べて、紅白見て、夜中に初詣に行って、毎年変わらぬ年越しの風景。
でも去年は家族と離れて、お正月ムードの乏しい中過ごしていたのでなおさら、
いつもと同じ平和なお正月が本当にありがたくて幸せで、心に沁みました。

陽気なお義父さんのおしゃべりと、お義母さんが手際良く何品も作ってくれる
美味しいご飯を頂きながら、長いと思っていた帰省もあっという間に過ぎ。
雪が降っていたのと人出が多かったのもあり、
特に遠出はせずお庭で金柑取りをしたり、
Kokiのひいおばあちゃんに会いに行ったり、
のんびりと過ごしました。
広島焼きも忘れずに食べて、Kokiの大好きな新幹線に乗って東京へ。

写真は、お義母さんの還暦の誕生日に、
お義父さんがこっそり用意していた60本のバラの花束。
素敵なサプライズに心打たれる夜でした。
f0213180_353299.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2012-01-05 23:50 | days
f0213180_83737.jpg

クリスマスになったら作ってみたかったもののひとつ、
ジンジャーブレッドハウス。
こちらではいろんな種類のキットが売られていて
ほとんどが既に土台の生地が焼かれた状態で入っているので、
組み立てて飾り付けるだけのお手軽バージョン♪
友達の家で一緒に作りました。

用意してくれていたIKEAのキットは
生地が薄いので、ちょっと油断するとぱりんと割れてしまいそうで
簡単と思ってたけど意外に気を使います。
アイシングで念入りに固定して、いよいよ楽しい飾り付け。
子供と一緒に楽しもうと思っていたけど
Kokiはまだあまり興味ないようで、私の方がすっかり夢中に。。
ああでもない、こうでもない、とお互い真剣に作業すること
数時間、ようやく完成!
友達のはこんな感じ。材料は同じなのに出来上がりがまったく違うから面白い。
f0213180_96555.jpg

生地からはジンジャークッキーのいい香りがして美味しそう。
Kokiは手を伸ばして食べそうになってたので慌てて阻止。
一つ作ったらいろんなバリエーションを作りたくなってしまって
ジンジャーブレッドハウス作り、なかなか奥が深いです。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-16 08:24 | days
f0213180_15184269.jpg

カップケーキをお届けした日の午後は、恒例の男祭りの集まりへ。
男祭りといえども、ママ同士で話していると
子育てだけじゃなくインテリアや手芸の話、など女子の話題で盛り上がります。
そんな話の流れで次は皆で手芸をしよう、ということになり
今回はミシンを持っているお友達の家に集合。
相変わらず子供たちはどたばた家中を走り回ってるけど
家で親と子1対1でいるより、こうして何人かで集まって
友達同士で遊ばせている方が子供の気も紛れて
ママたちの作業もはかどるはかどる。
友達の一人はみるみるうちにクッションカバーを一枚仕上げていました。

写真はホスト役のママが毎回用意してくれるキッズプレート。
子供たち、食べている間だけが唯一静かなひとときなのです。

***

最近またいやいやスイッチが頻繁に入るようになったKoki。
ささいなきっかけで、床にひっくりかえり、ぎゃーっと泣くこと数十分。。
一度スイッチが入ってしまうと、なだめたり抱っこしても逆効果。
毎回途方に暮れてしまいます。
今日は夕方友達の家でそのパターンに陥り
へとへとになって帰宅すると、
デイケア(託児)の先生から温かいメールが届いていました。
私たちはKoki君のこんなところが大好きです、
というたわいない一文が疲れた心に沁みわたって思わず涙。
ご夫婦が自宅を開放してされているデイケアは
Kokiにとっては第2の我が家のようで、
通い始めた頃は毎回泣いてたのが嘘のように
今では玄関先でママバイバーイと嬉しそうに手を振ってくれます。
家族や親戚も近くにいない異国の地で、
こんなふうに安心して預かってもらえる場所に出会えたこと、
本当にありがたいなあ、とあらためてしみじみ思います。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-14 14:53 | days
f0213180_14533841.jpg


アメリカにいる間に習ってみたかったことのひとつ、キルト。
念願叶って月2回お教室に通うことになりました。

小学校の頃から手芸が好きで、ちまちまとお人形など作っては
満足していたけど、中高の家庭科の授業でミシンを使うように
なってから挫折(だってすぐに動かなくなるんだもの)。
大学時代は他にやりたいことがありすぎてお裁縫道具はすっかり
引きだしの奥の方にしまいこまれていたものの、
布やボタンなど見るのは好きで、ちょこちょこお店を覗いては
いつか再開したいなあと思っていました。

再び針と糸を手にするようになったきっかけは
妊娠中仕事をやめて時間ができたのを機に、
手芸屋さんの個人レッスンで赤ちゃん小物を作るようになったこと。
そこから一気に手芸熱が復活!
産後は時間が足りなすぎてまた手芸からは離れていたけど
手作りしたい気持ちがふつふつと高まっていた矢先に
通い始めたキルト教室。まだ一回目。

ハートのテーブルセンターを作ることにして、まずは布合わせから。
今も(むしろ赤ちゃんだった頃より)時間がないことには変わりないけど、
今朝は4時に起きて、もくもくと針を動かすこと数時間・・
気付いたら外はすっかり明るくなっていて、時計を見てびっくり!
さすがに眠くなったけど楽しかったー。なんだかとっても充実感。
完成させる喜びよりも、作る過程を楽しみたいな。
寒い寒いこの季節、家での手仕事にはまりそうな予感です。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-05 14:51 | days

f0213180_1011592.jpg

連休3日目はサンフランシスコへ。
よく晴れたすがすがしい日で
ひさしぶりの都会へのお出かけにわくわく。
土曜日だったのでフェリービルディングのファーマーズへ
行ってみることに。
フェリービルはお洒落で美味しいお店が並んでいて
何度か来ているけど、ファーマーズの日に来たのはこの日が初めて。
お天気も良かったので、いつもよりさらにたくさんの人で賑わっていました。
f0213180_1012499.jpg

ブルーボトルコーヒーと、韓国料理の屋台で軽くランチ。
他にも美味しそうな屋台がたくさん出ていました。
その後夫にKokiとお散歩してもらっている間に、
ビルディング内のお気に入りのお店をぶらぶらと見て回り、、

とここまでは良かったのだけど、その後思いがけぬハプニングにより
大幅に予定が狂ってしまいました。。。
f0213180_1427443.jpg


最後にクリスマスイルミネーションを見に
都会の真ん中、ユニオンスクエアへ。
大きなツリーにスケートリンク、デパートのメイシーズやニーマンマーカス
もきらきらの飾り付けでクリスマスムード満点!

f0213180_14345098.jpg

f0213180_1436036.jpg
近くて遠いサンフランシスコ。
今年はあと何回来れるかな。
まだまだ見たいところがありすぎて
後ろ髪ひかれながら帰路につきました。
f0213180_14301143.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-12-03 14:37 | days
f0213180_1920437.jpg

9月から通っていたESL(英語の学校)のクラスが
先週で最後を迎えました。
最終日はそれぞれの国の料理を持ち寄ってパーティーを
しよう、という先生の提案でポットラックが行われることに。
私は迷った末、授業の開始が朝早いため
前日の夜に作り置きしておけるお稲荷さんと野菜の肉巻きを持参しました。
朝、教室に入るとそこには既に各国料理がずらり。
チャプチェや餃子、グリーンカレー、ロシア風サンドイッチなどなど・・
お馴染みのものから、見たことない料理までバラエティーに富んでいて面白い。
クラスメイトの一人が言っていたけれど、
最終日じゃなく最初の日にこんなふうにパーティをすれば
もっと早く打ち解けて、授業に通うのも楽しくなるのにね、と。確かに。
ようやくそれぞれの人柄や意外な一面も見えたりして
もっともっと話したいなと思うのに、このメンバーで会うのはこれで最後だなんて淋しい。
英語の勉強はもちろんだけれど、いろんな国の様々な年齢の人たちと知り合うことが
できたのも、学校に通って良かったことのひとつ。
普段は○○君のお母さん、という括りで見られがちなので
ひさしぶりに学生気分に戻って、母親という肩書きなしで相手と話ができたのも新鮮でした。
昔はデイケア(託児)に行くたびに玄関先で泣いていたKokiも
今ではお友達と遊ぶのが楽しいようで、笑顔でバイバイできるようになって一安心。
お互いにちょっと成長できたかな。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-11-21 19:25 | days
f0213180_18521330.jpg

先日、Kokiに初めてのおままごとセットを買いました。
包丁と、木でできた野菜と果物のセット。
ずっと欲しかった(私が)けれど、乗り物で頭いっぱいのKokiは
きっと見向きもしないだろうなあ、、とあきらめてたのだけど。
女の子のお友達の家に遊びに行った時、意外にもすごく楽しそうに
おままごとで遊んでいる様子を見て、購入に踏み切ったところ・・
Kokiの反応は、案の定大喜び。
特に野菜を切るのが楽しいみたい。
トントントンと言いながら何度も切ってはお皿に盛りつけています。
いつになく真剣な眼差し。
一緒に遊んでる私もとっても楽しい。心躍る時間でした♪
将来はお料理好きの男子に育てたいなあ。
f0213180_1854844.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-11-16 18:57 | days