<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

f0213180_22544643.jpg

今日は、ベビーカーで地下鉄を乗り継いで都内へ。
向かった先は、先輩の絵が出品されている公募展。
渋谷を避ける目的で、敢えて地下鉄乗り換えのルートを選択したのだけど、
これが大失敗。。エレベーターはおろかエスカレーターも見つからず、
連絡通路のあちこちに上り下りの階段が行く手を阻み、立ち往生。
そのたびにベビーカーから下ろして抱っこしたり、かなり時間をロスしてしまいました。

悲しかったのが、途方に暮れて立ち尽くしている私の横を
無表情で通り過ぎてゆく日本のビジネスマンのなんと多いこと。
結局最後に助けてくれたのは、韓国人男性でした。
もちろん中には同じ年頃の子供がいて理解ある男性もいるけれど、
無縁社会ってこういうことなのか、と痛感した日でした。

*****

そんなこんなで遅刻してしまったけれど無事、ギャラリーへ到着。
ヨーロッパ風の素敵な建物でした。
先輩は新卒で入った会社で一緒に働いてたので
出会ったのはかなり前になるけれど、
絵を描いていると知ったのはつい最近のことでした。
教えてもらった時はかなりびっくりして、でも打ち明けてもらえたのが嬉しくて、
自分が知っている相手というのは、その人のたった一面に過ぎないのだなあと
思ったものでした。
小さい頃からずっと趣味で描いてきた、という絵が、今回初めてたくさんの人の
目に触れることになり、先輩の緊張と興奮が伝わってきて私までドキドキ。
絵はその人自身が出るんだよ、という言葉のとおり
先輩の絵も彼女の人柄そのものののような、温かくて優しい幻想的な世界でした。
f0213180_231521.jpg

最後に手渡された、桃色の封筒。
中にはなんと、写真を見て描いてくれたという息子の似顔絵が!
あまりにびっくりしすぎて言葉が出ないほど、嬉しすぎる贈り物。
家に帰ってからも何度も何度も眺めてはにっこり。
世界に一つの宝物です。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-29 23:11 | days
f0213180_18265473.jpg

貴重な秋晴れの今日、友達親子とズーラシアへ行ってきました。
かなり冷え込むと聞いてたので、4人ともかなり厚着していったら
意外に日なたは暖かくて皆汗だく^^;

ズーラシアはかなりひさしぶりで、いつ訪れても大好きな場所。
今日も親子連れやお年寄り、若いカップルなど
いろんな世代の人がそれぞれ楽しい時間を過ごしていました。
f0213180_18312578.jpg

いわゆる動物園、という感じではなく自然の中に動物たちがくつろいでる
様子が見られるのが好き。それにいつも空いてるし!
オセアニアやアマゾンなどテーマごとに雰囲気も変わって
大人も子供も旅行気分で楽しめます*

息子は産まれて初めて見るゾウやペンギン、オカピなどを
あれ、あれと指差しながら目で追っていました。
たくさん刺激を受けたかな。

動物園以外にも、広ーーい芝生やアスレチックのある公園もあって
一日じゃ回りきれないくらい。
青空の下、すがすがしい空気をたくさん吸って大満喫の秋の一日でした。
f0213180_18342311.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-27 18:37 | days
f0213180_19301115.jpg

土曜日は、高校の仲間で恒例の持ち寄り会。
先日習ったキッシュを持っていきました♪
仲間の一人がNY滞在中で、先日出張で彼女の家を訪れた友達から
近況報告など聞きながら、楽しいランチタイム。
息子は、皆に拍手されて調子に乗ったのか
転んではまた戻って、とストイックに歩く練習を繰り返してました。

私の誕生日会も兼ねていたこの日は、
予定日間近で、台所に立つのもしんどいはずの友達が
サプライズケーキを用意していてくれました。
普段はあまりお菓子を作らないと言ってたのに、前日から用意してくれていた
その気持ちと時間を思うと嬉しくて。優しいなああ(涙)
ハッピーバースデイの歌とロウソクを吹き消す瞬間は
大人になってもワクワクします。
ありがとううう。

翌日は、息子を母に預けて90歳になる祖母と
仲良しのフランス料理屋さんでバースデイランチ。
家に帰ったら夫からの贈り物が届いていました。
今年は一緒に過ごせなくてちょっとさみしいけれど
すごく考えて選んでくれたのであろうプレゼントが胸に沁みました。
毎年センス溢れる贈り物を送ってくれる友達からも
翌日素敵な小包が。いつも本当にありがとう。
f0213180_19335055.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-25 19:43 | days
f0213180_23213921.jpg

ゆきおさんレシピのさつまいものムース。
優しい甘さで何度食べても美味しくて幸せ。
もう何回作ったかな。今回はスーパーで見つけた五郎島金時で。
持ち歩くのでアントルメではなくカップスイーツにしました。

f0213180_23243737.jpg

こちらは栗のダッコワーズケーキ。
モンブラン口金を使いたかったのと、冷凍庫の卵白を消費したくて。
ダッコワーズ生地もマロンペーストも両方甘くて私にはちょっと甘さ過剰な感じも。。
サバトンのマロンペーストはもともと結構糖分高めにできているので
次回は無糖のマロンピューレで調整してみよう、と心にメモ。

出来上がったお菓子を持って、今日は大学時代の友3人の女子会へ。
最近一人暮らしを始めた子の家にお邪魔しました。
ピザ取るね~と言ってくれてたものの、
いろいろな種類の刻み野菜が入ったスープとコールスローを
用意してくれていて、栄養満点なランチメニューに。
ノンアルコールのスパークリングワインに
カットした果物をたくさんいれて、サングリア風にしてくれたのも
素敵な演出でした。

この3人で集まるといつも弾丸トークが止まらなくて
あっという間に時間が過ぎてしまうのだけど、
あいにく私は喉の調子が悪くて思うように声が出せず。。
でも、このメンバーで黙っていることなんてできず、またもやしゃべり倒してしまいました。。
お餞別にと、前から気になっていたルクエのスチームケース
を貰ってしまい感激!これを機にお料理も頑張りたいな。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-17 23:21 | handmade sweets
f0213180_23113135.jpg


いつも素敵なブログでおなじみのyukiちゃんのお料理レッスンに
またまた参加してきました。
先月は体調崩してお休みしてしまったため、今回は2回目。
秋のおもてなしメニューを教えてもらいました♪

リビングには娘さんの1歳バースデーの風船が飾られてて
とっても可愛い。
ぐずってる娘ちゃんを小脇に抱えたりご飯を食べさせたりしながら
手際良くキッチンで作業するyukiちゃんの様子を眺めているうちに
瞬く間にテーブルの上にご馳走の数々が並んでいました。
特にハーブチキンのオーブン焼きとホワイトソースベースのキッシュが
絶品!だったので、また家でも復習したいな。

お菓子作りが好きな人にはお料理も得意な人が多いけれど
私はお菓子の方にばかり偏っているので、
お料理もパンもスイーツもオールマイティーにできてしまうyukiちゃん、尊敬!
今月もご馳走さまでした*
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-17 23:16 | lesson
f0213180_22244319.jpg

三連休最後の日はピカピカの秋晴れ!
大学の同期夫妻のおうちに招かれて
電車で片道一時間半の道のりを
のんびりと逗子へ向かいました。
こんなに遠くへ来たのはひさしぶり!
逗子は大切な友人が昔住んでいて訪れたことがあったけど
全然変わらぬローカルな街並みが懐かしい。
のんびりとした空気の中に、こじんまりとした可愛らしいお店が
ぽつぽつあって、本気で住みたくなってしまいます。
f0213180_22414418.jpg

男性陣は早朝サーフィンをしてから合流し、
女性陣は昼過ぎに集合して、待ってましたのお昼タイム。
今日の主役は何といっても!パン職人を目指す友達の手作りパン。
家に着くと既に成形されたパン生地たちがオーブンに入るのを待っていて
期待が高まります。
前菜、サラダ、メイン、そしてパン、デザート・・とすべて友達の手作り。
特に焼き立てのクロワッサンはもう、涙が出そうなくらい美味しくて感動。。
皆先を争うように手をのばしていました。
手間ひまかけて作られたご飯は、空腹だけじゃなく心も満たしてくれるんだなあ。
という大切なことを、思い出させてくれた瞬間でした。
f0213180_22265896.jpg

お腹いっぱいになって、歩いて3分の海へ皆で散歩して。
なんて贅沢な時間!
貴重な晴れの休日とあって、
たくさんのウィンドサーフィンの人たちが海に出ていて
きらきらと太陽の光を反射していました。
大好きな仲間がいて、同じ景色を眺めていることがただただ幸せで。
満ち足りた気持ちで家路につきました。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-12 22:43 | days
f0213180_22201386.jpg
またまた津田さんのレシピでスイートポテトを。
白あんが入るため、お芋そのものというよりは
一つの完成された洋菓子のような感じ。
素朴系と洗練系、どっちも好きです。

前日作ったスイートポテトを手土産に
友達の新居へ遊びにいきました。
設計から携わったという新築のおうちは
デザイナーズ系のかっこいい内装で惚れ惚れ。
ピカピカのアイランドキッチンも使いやすそうで
お料理上手な友達らしい素敵な空間でした。
f0213180_21443073.jpg

友達の子供は息子と同じ誕生日!で
一歳年上の女の子。
おしゃべりも上手でもうすっかりお姉さん、という感じで
息子は嬉しそうにあとを追いまわしていました。
兄弟ってこんな感じかなあ、と眺めながら
微笑ましい午後のひととき。
お邪魔しました~ありがとう!
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-10 22:56 | handmade sweets
f0213180_18422174.jpg

今月のゆきおさんのレッスンは、
大好きな先輩と一緒に伺いました。
もともと先輩に誘われたのがきっかけで
ゆきおさんの教室に通うようになったので、
ひさしぶりに一緒に習えて嬉しい!

今月はモンブランをメインに。
何を生かすかを第一に考えて、という言葉どおり
今回は淡い和栗の持ち味を最大限生かすべく
考えられた構成でした。
生地よりたっぷりのリンゴが入った
キャラメルりんごのケイクと、
驚くほど簡単に出来てしまう
豆乳ブラマンジェも。

おしゃべりに夢中になって手が止まりがちな私たちの横で
ゆきおさんが倍以上動いてくれていたおかげで
レッスンが終わる頃には目の前に
たくさんのお菓子が焼きあがっていました。
魔法みたいだったねーと言い合いながら
幸せに帰宅。

夜は
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-10 19:04 | lesson
チョコレートとイチジクのクグロフ
f0213180_184945.jpg

渋皮栗のパイ
f0213180_1855363.jpg

地味だけど味わい深い秋の焼き菓子たち。
前から作りたかった津田陽子さんのレシピで。
パイはざくざく、ケイクはしっとりで初めてにしては上出来♪

京都にしかなくて、ずっと行きたいなあと思っていた津田さんのお店
この秋ついに東京にオープンしていました。
パリのラデュレやオアフのエッグスンシングスなど、
飛行機に乗らなければ行けなかったお店が
次々上陸してくる東京ってすごい。。とあらためて。
ファンとしては嬉しいような、でも現地でしか味わえない
貴重さは薄れていくのでちょっと複雑な気持ち。

涼しくなってきてようやく、焼き菓子の方へ気持ちがむくむく。
次々焼きたい気持ちが時間に追いつかずもどかしいけど
何を作ろうかページをめくっているだけでも幸せ。
今度は何を焼こうかな。
f0213180_18512919.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-06 19:20 | handmade sweets
f0213180_23461434.jpg

最近まで歩く気配がまったくなかった息子。
これはまだまだ先だねーなんて話していたら、
昨日、おもむろに1歩、2歩・・と足を前に踏み出しました。
その様子を目撃していた母と私は大興奮!
大人たちの喜びように、当の本人はきょとんとした顔をしていました。

今日は朝から気持ちよく晴れていたので
友達を誘って広い芝生の公園へ
あんよの練習しに。
友達の子はもうしっかり靴を履いて
たまにコントのように転んだりしながらも
泣かずにずんずん歩いていて頼もしい。
息子は草の感触を確かめるように
そろそろと裸足で進んでいきます。

休日の公園は、お母さんよりもお父さん率が高いことを発見!
途中から友達の旦那さんも合流して
楽しい家族の休日に参加させてもらいました。
夫にも早いとこ公園デビューしてもらわなきゃ。

さんざん遊んだ子供たち、帰りはベビーカーでぐっすりでした。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-10-02 22:31 | days