<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

念願の、サンフランシスコへ行ってきました。
f0213180_1948951.jpg


私たちの住む街からサンフランシスコまでは車で1時間。
思ったよりもずっと大都会で、異国情緒漂う街並みにわくわく!
ひさしぶりに外国に旅行に来た気持ちに。(と言うのも変だけど)

f0213180_19512472.jpg

まずはゴールデンゲートブリッジからサンフランの街を一望。
この日はすごく寒かったので高台でぶるぶる震えながらも
遠くまですっきり見渡せました。
f0213180_2022586.jpg

初めてだったので、まずは超定番ルートへ。
フィッシャーマンズワーフで一番有名な
クラムチャウダーのお店、Boudinでランチ。
f0213180_2042444.jpg

ベーカリーやカフェ、レストランなどが併設されていて
見ているだけでも楽しい。
年末だったのでレジはどこも長蛇の列。
天井に取り付けられたレール沿いを走るパンのオブジェを眺めながら待ちます。
f0213180_2084579.jpg

可愛らしい小物も売っているので
友達へのちょっとしたお土産を探すのにも良さそう。
f0213180_20111928.jpg

スープはもちろんのこと、隠れた名物であるカニのサンドイッチに
使われているパンが美味しかった。
さすが老舗のパン屋さん。
一日12000個のパンが焼かれてるそうです。
f0213180_20193570.jpg

写真が多いので、後半はまた明日。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-30 20:22 | travel
f0213180_2029048.jpg

今年はちゃんと準備する間もなく
気づいたらクリスマスに突入していて
ツリーも何もない我が家でしたが。
(写真はサンフランシスコで見た今年一番大きなツリー)
それでもお店の中はどこも華やかに飾り付けられているし
夜、車の中から眺める家々のイルミネーションも素敵で
日常の中にもクリスマスの雰囲気を感じられます。

イブの夜は友人家族たちと鍋を囲んでわいわいと。
お皿洗い係を決めるべく皆で真剣にばば抜きをしたりして
なんだかお正月の親戚の集まりみたいでした。
当日は、チキンを焼いて家族でゆったりとディナー。
息子にはサンタさんから大きな車のおもちゃを。
来年は大きなもみの木を用意したいな。
f0213180_1953563.jpg

クリスマス前後は家に招いたり招かれたりが多く
さっそくお菓子を焼いて持っていく日々。
備え付けの巨大なガスオーブンの癖も
ようやくつかめてきました。
アメリカに行ったら、ベリーをふんだんに使おうと
楽しみにしてたので、さっそくベリーたっぷりのタルトを。
日本ではあまり見ないフレッシュのブラックベリーも
スーパーに山積みされていてわくわく。
その土地ならではの食材はやっぱり勢いがあっていいな。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-30 19:03 | days
f0213180_16545120.jpg

最近我が家でヒット中の飲み物、アップルサイダー。
サイダーといっても炭酸ではなく
リンゴをぎゅっと絞った濃厚な果汁100%ジュースで
こちらでは冬の風物詩のようです。

熱くして、たっぷりのスパイスと共に飲むのが
最近の夜の楽しみ。
こんなに大きなボトルなのに(車じゃなきゃ持ち帰れない。。)
例のオーガニックスーパーで確か5ドル切っていたような。安い!

ティーバッグに入ったスパイスもちゃっかり横に並んでいて
手軽に本格的な味が楽しめる。
飲むたびいつも、クリスマスマーケットの屋台で売られていた
グリューワインの味を思い出します。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-23 16:57 | days
f0213180_921094.jpg

こちらへ来て2日目に連れて行ってもらった
オーガニック食品を扱う大きなスーパーマーケット。
高い天井と広々とした店内に
新鮮な野菜や果物や美味しそうなものが所狭しと
並ぶ姿に感動したのを今でも覚えています。
ああアメリカに来たなあって感じがして。
和の食材が何でも揃う日本のスーパーにも感動したけれど
ここは別格。毎回わくわくしながら足を運んでいます。
f0213180_9195416.jpg

嬉しいのは、ほとんどのものを欲しい分だけ買えること。
きのこもサラダの葉っぱもお肉もお魚も、粉やお砂糖まで
皆必要な量を自分で袋に詰めて(もしくはカウンター越しに注文して)
レジに持っていきます。
日本だともう既に袋詰めされて売ってることが多いので。
おかげで我が家では冷蔵庫の余り食材がなくなりました。
f0213180_9235948.jpg

パッケージの可愛い乳製品コーナーや
賑やかなデリのショーケース、
その場で挽きたてのピーナツバターが作れる機械など
探検しているとあっというまに時間が過ぎて
毎回長居してしまいます。
夫は充実したワイン売り場とコーヒー、チョコレートの量り売り
コーナーが気に入った様子。
二人ともすっかり虜になってしまいました。
f0213180_922851.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-23 09:45 | days
f0213180_843824.jpg

私たちの家のお向かいに住むDaisyおばあちゃん。
旦那さんを今年亡くされて一人住まいですが、
とっても朗らかで会ってすぐに家へ招いてくれました。
いつも玄関でベビーカーに乗りたがらない息子と格闘していると
騒ぎを聞きつけて顔を出してくれます。
息子も彼女の顔を見るとピタリと泣きやむから不思議。
おしゃべりなところも、子供好きなところも
日本にいる祖母に似ていて懐かしくなります。

今日は、同じくらいの子供がいる日本人の女の子がいるから
とお友達を紹介してもらいました。
同じマンション内ではあまり日本の人を見かけたことがなかったので
顔の広いおばあちゃんのおかげで少しずつ交流の輪が広がって嬉しい。
f0213180_1872552.jpg

そしてここ最近毎日のように会うのがルーマニアから来たアンドル君。
とっても人懐こくて、くりくりお目めが可愛い!
彼のおばあさんは英語が話せないのでもっぱらジェスチャーだけど
民謡を歌ってくれたりしてよく一緒に遊んでいます。
何より子供同士の遊びに会話は無用。
国籍も言葉も飛び越えて仲良くなれるなんて素敵だなあ。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-23 09:02 | days
f0213180_1723611.jpg

こちらではどんな小さなスーパーや薬局にも
カード売り場のスペースが広く取られていて
色とりどりの中からお気に入りを見つけるのが
最近の楽しみです。

面白いのは、送る相手によって細かくカテゴリー分け
されていること。
妻へ送る熱いメッセージや、
息子から母へ、娘から父親へなど特定の場面を想定した
言葉が印字されていたり、
子供の誕生日カードも年齢別に何種類もあって
大事な日にはカードを送る文化が根付いているのだなあ。

白髪の男性が真剣に一枚のカードを選ぶ背中を
後ろから微笑ましく眺めてしまいました。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-18 17:13 | days
f0213180_1627488.jpg

明くる日は、家から唯一歩いて行ける公園、サラパークへ。
前の晩、帰ってきた夫にリスを見たことを興奮気味に話すと
こっちではどこにでもいるよ、と言われてしまったのだけど、
その通りこの公園にもたくさんリスたちがいました。
カラス並みの遭遇率!でも、何度見ても嬉しい。

5歳と4歳の男の子を連れている日本のママに出会ったので
嬉しくてつい話しこんでしまいました。
1か月前に石川県から来たというその方はもうすっかり
こちらの生活に慣れていて、子供たちも幼稚園に通っているそう。
いろいろ教えてもらえて楽しかったな。
今日は見かけなかったけど、この公園には他にもいろんな国の
ママと子供たちが遊びに来るそうなので、
しばらく通ってみるつもりです。

新しい生活のスタートを機に、ブログのタイトルと背景を
変えて気分一新してみました。
とはいうものの、こちらに来てからお日さまを見たのはわずか2日。
明日から年末まで、ずっと雨の予報でげんなり。。
早くまた澄みわたるような青空が見たいなあ。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-18 16:33 | days

f0213180_9115634.jpg

こちらに来て、5日経ちました。
年間300日以上晴れ!と地球の歩き方に書いてあったのに
着いた日からカリフォルニアの空はどんより曇り空。
ようやく今朝起きたらひさしぶりに太陽が顔を出していて
吸い込まれるような青空を見ることができて嬉しい。

f0213180_10174594.jpg
最初の4日間は夫と一緒に、生活に必要なこまごまとしたものを集めに
車でスーパーをはしごしました。
日本食スーパーや100円ショップのダイソー、IKEAなどで調達。
ちょっと高いけど大抵のものは手に入ります。
日本語のケーブルテレビも契約して、食卓には和食が並び
なんだかうっかりするとまだ日本にいる錯覚に陥りそう。
でも車は左ハンドルだし(混乱中!)、日本人は今のところほとんど見ない
(インド系の人が多い地域だそう)ので、やはり勝手が違います。

今日は夫が出勤して初めて息子と二人で過ごす一日。
さっそくマンション内の探索へいってきました。
敷地内は広々とした芝生があったり、ベンチがあったり。
夏にはプールも開かれます。
一番驚いたのは野生のリスがいたこと!
ここから少しずつ、世界を広げていけたらいいな。
f0213180_916767.jpg
f0213180_9173326.jpg


目下、息子は完全なる時差ボケ中。
毎晩1時にぱっちり目を覚まして4時まで遊び始めるので
私もつられて寝不足です。。
今日は太陽の光をたくさん浴びたから
ちょっとは体内時計が直ってくれると良いのだけど。
息子の生活リズムを戻すことが、当面の課題となりそうです。
[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-16 10:35 | days
少し前になるけれど、日本で過ごす最後の週末。
楽しみな約束が二つありました。

土曜日は、高校からずっと仲良しの友達の
産まれたばかりの赤ちゃんに会いに。
子供が欲しいなあと言ってた頃から、妊娠して
お腹が大きくなっていく過程もずっと見てきたので
その友人が小さな小さな男の子を抱いている姿を
見ただけでなんだか胸がいっぱいになりました。

産後いろいろあってすぐには退院できなかったりと
心配が尽きなかったようだけど、それを乗り越えてようやく
ベビちゃんとの平和な日々を手に入れた友達の笑顔が
本当に嬉しそうで。もうすっかりお母さんの顔をしていました。

次会うときはきっと見違えるほど大きくなっているのだろうけど、
二度と見られない今この時期に会えて本当に良かったな。

*************************


翌日の日曜日は、友達が開いてくれた送別会へ。
その日のプランは完全におまかせだったので
わくわくしながら向かいました。

f0213180_8241846.jpg

まずは武蔵小山の駅で待ち合わせて林試の森公園へ。
紅葉が道に降り積もっての絨毯のようになっていて
自然のままの姿が残っているのがとっても素敵でした。
お昼は友人たちが早く集まって用意してくれたお弁当!
友達の旦那さんがベビーシッター役を引き受けてくれたおかげで
美味しい空気とお弁当をゆっくりと堪能。
最高のピクニック日和でした。

f0213180_8261834.jpg


続いて午後の部は友達宅へお邪魔して
アフタヌーンティーパーティー。
ここでもまた美味しいお茶とお菓子を手作りしてくれていて、
子育て真っ最中で忙しいはずなのに、準備してくれていた時間を
思うとますます胸打たれました。本当にどうもありがとう!
最後まで去りがたく温かな時間で、忘れられない週末でした。
f0213180_8365054.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-06 22:02 | days
ゆっくりPCに向かう時間も持てないまま、気付けば12月に。
出発まであと10日となりました。

この1カ月、毎日のように友達と会って、
年に数度しか会えない人も、月に1度、週に1度は会っていた人とも
次々に今日が最後、という日を迎えて切ない今です。
永遠に終わらないような気がした教習所通いもついに卒業。(感無量!)

最後の一週間は何も予定を入れないようにしていたけど
結局いろいろ間に合わず、最後までバタバタな予感。
でも、充実しています。
あとは息子も私も体を壊さないようにして、無事出発できることを願うのみ。
f0213180_22511132.jpg

時間がないとは言いながらも隙間を見つけてちょこちょこ焼いていたお菓子たち。
一番登場回数が多かったのは紅玉のパイとタルト。
リンゴのお菓子は家族内でも争奪戦が激しく、普段は甘いモノを食べない弟も
冷蔵庫の中を欠かさずチェックしていました。
まだまだ作りたいものたくさん。
f0213180_22544236.jpg


月に一度のお楽しみ、ゆきおさんのお菓子教室。
最終回はずっと前からお願いしようと決めていたシューとフィナンシエ。
たぶんこの先、これ以上美味しいと思えるものに出会わないのでは、
というくらい美味しすぎてノックアウト。
きっと子どものように長い時間かけて大事に育ててきた作り方を
惜しげもなく教えてくださるその姿勢に毎回驚くばかりです。
受け取ったものの大きさを思う。
私も大切に焼き続けたいな。
f0213180_23101094.jpg

そして、人生初のスタジオ撮影にも行ってきました(もちろん子供の・・)
写真は自分でも撮るし、あえてプロに頼まなくても、と思っていたけど
お友達が撮って来た写真を見せてもらったらそれはそれは素敵で。
今までのスタジオ写真のイメージがいい意味で覆されました!
f0213180_2316530.jpg

予約できたのが夕方の一番ぐずる時間帯だったのでかなり心配したけれど
スタッフ総出で、あの手この手で必死に気を引きながらなんとか撮影終了。
出来上がった写真たちは、今まで自分で撮りためたものとはまるで別物!
プロの仕事だなあと感動しました。
気軽に行ける値段ではないけれど、大満足の仕上がりでした。
f0213180_23322969.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2010-12-01 23:27 | handmade sweets