<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ここのところずっと激しい雨が降り続いていたカリフォルニアに
ようやく2週間ぶりにぴかぴかの太陽が訪れた日曜日。
お友達家族のお誕生日会に招かれました。
今回は、3歳の女の子のバースデイ。
f0213180_1731447.jpg

集合場所は自宅、ではなく公園だったのでどんな感じだろうと思いながら行ってみると、
公園のベンチとテーブルにクロスを敷いて、
そこに飲み物や食べ物などを並べて、ピクニック形式のお誕生会でした。
かしこまった会ではなく、自由に出たり入ったり、
子供たちは周りの遊具でめいめい好きに遊びながら
お腹が空いたらテーブルの周りに集まって、という感じでとってもラフ。
このカジュアルさがアメリカらしくていいなあ、と思いました。
主役の女の子にとっては、大好きなお友達が来てくれて
普段通り一緒に遊べることが一番嬉しいのだろうから。
f0213180_17331100.jpg

それでも、お誕生日会ということで、恒例のロウソクタイムには
皆でテーブルの周りに集まって、ハッピーバースデイの歌を。
この日のバースデイケーキは女の子の大好きなおさるのジョージを
モチーフに、パパとママが頑張って作ったオリジナル。
吹いても吹いてもなかなか消えないロウソクの火を前に、
くしゃっとさせた顔が可愛かったな。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-29 17:36 | event
f0213180_16501540.jpg

先日遊びに行った友達の家のお庭にあった大きな大きなレモンの木。
たわわに実ったレモンたちは、うちだけじゃとても使いきれないからと
袋いっぱいにおすそわけしてもらいました。
もいだ瞬間からたちのぼる爽やかな香り。

なかなか手に入らない、正真正銘無農薬のレモンたち。
お店で売ってるレモンの2倍はあろうかと思う
(もはやレモンではなくはっさくに近い)巨大な彼らの
黄色い外側の部分だけを薄く薄く剥いて。
その皮とたっぷりの果汁を炊いて
自家製のレモンカードを作ります。

そのままタルトの中に入れたり、クリームと合わせたり、
いろいろアレンジのきくレモンカードですが、
今回はマフィンの生地と合わせてレモンマフィンに。
ほのかに甘酸っぱい優しい生地に焼きあがりました。
個人的にはもう少しレモンの存在感が前に出ても良かったかな。
f0213180_1711468.jpg

[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-29 17:15 | handmade sweets
f0213180_14294571.jpg

今回の震災の募金活動の一環として
こちらに住む日本人のママさんたちが中心となって
Bake Saleが行われることになりました。
私もBakingのお手伝いに参加させて頂くことに。
街のDown Townで毎週開かれているFarmar's Marketで
手作りのお菓子を販売して、その金額を日本赤十字社に寄付します。

被災地の方々のために何かしたいと考えている人たちは大勢いて、
一人ひとりの力はわずかだけれど、皆の思いが合わさると
どんどん大きな流れになってゆく。
それも、まとめて下さる運営者の方たちあってのこと。

大きな金額を送れるわけでもなく、
ボランティアに行けるわけでもない私に
一体何ができるのか。
ただ心を痛めているだけでは何も届かないけれど。
こんなふうに具体的な目的に向かって
自分の体と時間を使えるのが嬉しい。
ひさしぶりにメラメラやる気に満ちてます。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-22 22:13 | event
11日の朝、起きてテレビをつけたら、
私たちの住む西海岸一帯にも津波警報が発生していました。
何だろうとよくよく見ると、Japanの文字。
慌てて日本のニュースに切り替えると、信じられないような映像が流れていました。
あまりの突然のことに、何が起きたのか一瞬頭が真っ白に。

その後、家族や友人たちから無事の連絡が届きほっとしたものの、
気が遠くなるような被害の規模の大きさと、行方不明の方の数の多さに
ずっと心が締め付けられています。

時間と距離の隔たり、そして祈るしかできないことがもどかしいけれど。
日本で暮らす大切な人たちの顔が繰り返し浮かんできます。
どうか一日も早く元の生活に落ち着きますように。
そしてもうこれ以上被害が広がりませんように。

***

地震発生から一週間。
事態は落ち着くどころか問題が山積みで
被災地から遠い東京周辺に住む家族や友人たちでさえ
いろいろな物が手に入りにくかったり
余震が続いて怖い思いをしていたり
停電で不便な生活を強いられていたり、、
といった声が届くたび、その不安を共有できない無力さを思う。
せめて心だけは近くにいられるように。
これからも見守っていきたいです。

道を歩いていて、見知らぬアメリカ人から
日本の家族や友人は大丈夫かと声をかけられるたび
この国の人と人との垣根の低さに救われる気がします。

しばらくの間、通常の更新は自粛します。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-14 16:05 | days

f0213180_1695432.jpg

週末の夜、料理上手な友達夫妻の家で
ディナー会が開催されました。
食べるのも作るのも大好きなこの夫婦は
ほとんど外食せず何でも自分たちで作ってしまうグルメな二人。

前回は絶品手打ちパスタをご馳走になったけれど、
今回は3家族集まるうえにお互い小さい子供もいるので
この日はポットラック(持ち寄り)にすることに。
何を持っていこうか迷った末、ひさしぶりにキッシュを焼きました。
デザートに、ブルーベリーたっぷりのベイクドチーズケーキも。
f0213180_16134368.jpg

各自持ち寄った品をテーブルに並べて、
3段重ねのプレートでだいぶ華やかな食卓に。
家だと子供たちを遊ばせながら
時間を気にせずゆっくり過ごせるのがいいな。
f0213180_16152987.jpg

本日のメインは友達の旦那さん特製パエリア。
パエリアパンまで買ってしまったというお料理好きの彼は
仕事帰りにもかかわらずキッチンで腕をふるっていて
ただただすごいなあと感心!美味しく頂きました。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-05 21:37 | handmade sweets
f0213180_15281652.jpg

またまたひさしぶりの更新になってしまいました。。

もう先月のことになるけれど、友達に誘われてお料理教室へ参加してきました。
フレンチシェフの教える家庭で作れるフランス料理、ということで
アメリカでフレンチ?と思ったけど面白そうなので行ってみることに。

この日の参加者は女性4名に男性2名。
そのうち一人は14歳(!)の男の子でびっくり。
こちらの子供たちは皆大人びていてだいぶ年上に見えます。
逆に日本人は三十路過ぎていても
スーパーでお酒を買う時に身分証を求められることがほとんど。

この日のメニューはきのこのスープと白身魚のソテー(ポワロー葱ソース)
デザートにチョコレートスフレ。
皆で手分けして3品あっという間に完成!
どれもレストランで出されるような本格的な味でした。

家で再現できるかどうかは別にして、
アメリカに来てからレストランでコース料理を楽しむ機会などなかったので
おしゃべりしながらゆっくりランチできただけでも大満足。
ちなみにこちらへ来てから息子を夫に預けて外出したのもこの日が初めて。
良い子でお留守番してくれていいリフレッシュになりました。
[PR]
by cafe_machilda | 2011-03-05 15:47 | lesson