f0213180_1404929.jpg

汽車乗り場で皆と別れたあと、
昨日のカフェに寄り道してちょっと一服。
暗くなるのを待って再び向かったのは
イルミネーションで有名なSan Carlosの住宅街。
暗い夜道を走っていると、突然明かりでまぶしい一画が出現。
凝ったイルミネーションを施した家々が一本の道にずらりと並んでいます。
f0213180_1412337.jpg

有名なイルミネーションスポットのようで、大勢の人たちが
近くの道に車を停めて見物に来ていました。
電気代も相当かかるはずなのに、無償で家の前を開放して、
写真撮影スポットまで用意されていてびっくり。
住民たちも外に出てお茶を飲みながら見物客とおしゃべりしていたりして。
ハロウィンの時も思ったけど、アメリカ人のイベントにかけるエンターテイメント精神はすごい!
楽しもう、という気持ちがないとできないことだよね。
f0213180_1414778.jpg

それにしても、ディズニーのパレードを見ているようなすごい電飾の数でした。
中でもひときわ力の入っていたこのお宅。
f0213180_14214670.jpg

f0213180_2259376.jpg

たわわに実ったオーナメントの重みで傾いてるクリスマスツリー。
f0213180_2383532.jpg

f0213180_23112049.jpg

商業的なイルミネーションとはまた違う
個人の家々による飾りつけは温かみがあってとても好きでした。
アメリカで過ごす最後のクリスマス。
この景色を家族で見られて良かったな。
盛りだくさんな週末の一日でした。
f0213180_2343353.jpg

[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-10 13:56 | event
f0213180_133120100.jpg

よく晴れた土曜日、待ちに待ったSanta Cruzの汽車へ乗りに。
汽車といっても、公園や遊園地にあるような子供だましの乗り物ではなく
本物の蒸気機関車!
乗り物大好きな2歳の男の子をもつお友達2家族と一緒に向かいます。
大きな音を鳴らしてもくもくと煙をはきだす機関車の登場に
大人も子供も大興奮!
これから、約2時間の汽車の旅の始まりです。
f0213180_13411244.jpg

汽車は背の高い木々が鬱蒼と茂った山の中を
スイッチバックを繰り返しながらどんどん上へ登っていきます。
この日は12月にしては珍しくぽかぽか陽気で
しっかり防寒してきたので、頬にあたる冷たい風が気持ちいい。
蒸気を発するたびに空から葉っぱがぱらぱらと落ちてきて
深呼吸しながら、森林浴を楽しみました。
Kokiはあまりに本格的な汽車だったせいかちょっと緊張気味で
終始パパの膝の上で固まってたけど。。
f0213180_13424739.jpg

目的地を知らされてなかったので、どこへ向かってるのかな~と
思いながら揺られていると、一時間ほど走ってようやく山頂へ到着。
サンタさんが待っていました。
プレゼント、ちょうだいな。
f0213180_13464249.jpg

温かいアップルサイダーもふるまわれて、しばし自由時間を楽しんだら再び乗車。
帰りものんびりゆっくり進みます。
f0213180_13491595.jpg

ただいま。駅舎に戻って来ました。
f0213180_13522086.jpg

時間が止まったレトロなお土産屋さんも素敵。
乗車記念に小さな汽車を買って、皆で外でお昼を食べて、解散!
この日はさらに次なる目的地へ。後半に続きます。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-10 13:11 | event
f0213180_12532610.jpg

先日、お友達に連れてってもらったLos Altosのカフェ
キッズスペースもあるから落ち着いてお茶を飲めるよ、と
聞いて初めて伺ったのだけど、ドアを開けた瞬間から
アメリカらしくない洗練された雰囲気に大感激!
近くにこんな素敵な空間があったなんて~
f0213180_12562144.jpg

インテリアや照明も凝っていて、
ここは自由が丘かパリかと思うくらい、素敵なお店でした。
水槽の奥は可愛らしいおもちゃがいっぱい並んだ託児スペース。
ママたちは大きな覗き窓から我が子の様子を眺めながら
ソファでゆっくりくつろげる仕組み。
f0213180_12574631.jpg

託児は有料なので今回は預けなかったけど、
手前のスペースにもおもちゃがたくさん置いてあって
子供たちも充分楽しめます。
f0213180_1372482.jpg

お茶の時間だったので、飲み物と焼き菓子を注文。
アイスティーとレモネードを割ったアーノルドパーマーという
飲み物を注文したら、大きなガラスジャーに入って出てきました。お洒落!
スイーツは、スコーンやバターケーキなど焼き菓子中心。
温め直してくれたスコーンがさくさくで甘さも控えめで
期待した以上に美味しくてびっくり。
f0213180_12592516.jpg

お料理メニューもかなり惹かれました。
ワインの品揃えも豊富で、休日に家族でブランチしたり
平日お友達と子連れでお茶するのにまさに理想の場所。
本当に、こんな場所あったらいいなあと思うような素敵なお店でした。
f0213180_1322532.jpg

外にはお砂場スペースも。
シャベルとバケツの代わりに、お鍋やおたまが置いてあるのがまたお洒落。
f0213180_135413.jpg

オープンして日が浅いせいかお客さんも多くなく
ソファにもたれながらゆーーっくり過ごせて優雅な午後の時間でした。
また来ようね。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-09 12:34 | cafe
f0213180_12255396.jpg
先日、知り合ったばかりのお友達を家にお招きした時のこと。
用意していた苺のカップケーキにとても喜んでくれて、
実は、お願いしたいことがあるんだけど。
と突然お仕事の依頼を受けました。

彼女が主催している育児教室でのクリスマスパーティー用に、
カップケーキを20個オーダー頂きました。
お友達だけど、一応今回はちゃんとお仕事として依頼したいと
言ってくれて、嬉しいけれどなんだか身が引き締まる思い。

デザインはおまかせしてくれたので、
今からどんなカップケーキにしようかワクワク。
写真のカップケーキは生クリームに細かく刻んだ苺が入っていて
甘酸っぱくて大好きな味。
先日サンフランで見つけたmietteの砂糖菓子をのせたら
見た目もラブリーになりました。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-08 12:17 | handmade sweets

f0213180_12561783.jpg
先週末はアラメダで月一回開かれているアンティーク市へ
お友達3家族と行ってきました。
車で1時間ほどかかるアラメダに、朝9時に集合。
それでも早起き頑張ったなあと思っていたのに
もっと早い人、特にバイヤーなんかは朝6時の開店と共に来るそう。
f0213180_1257391.jpg

この日はキッズはパパたちに見てもらって、
女子たちで心ゆくまでお買い物をしよう、というありがたい企画。
最初は2、3時間見れば充分だよね、と話してた私たちも
一歩会場に入った瞬間から一気にお買い物熱に火がついてしまい。。
最後はパパたちから催促コールがかかってきました(笑)
でも本当に、ここに一日中いられるなあっていうくらい楽しかった!
f0213180_1301254.jpg

アンティーク、もっと敷居の高いものかと思っていたら
食器や布、雑貨や家具までありとあらゆるものが並んでいて
お店の数はざっと500店舗以上!すごい規模です。
その中から掘り出し物をじっくり探していたら日が暮れてしまいそう。
今月は季節柄クリスマスのオーナメントなども見かけました。
f0213180_131657.jpg

ゴージャスなシャンデリアや鏡・・
f0213180_133235.jpg

アメリカンアンティークの代名詞、オールドパイレックスやファイヤーキング
f0213180_134711.jpg

銀食器などなど・・
f0213180_138178.jpg

f0213180_1382429.jpg

家具も気になります。
f0213180_1392631.jpg

そんな中で私が今回魅了されてしまったのは
100年以上前に作られたというパープルグラスのシリーズ。
写真ではわかりづらいけれど、太陽光に照らされると淡い紫色に輝きます。
f0213180_13115350.jpg

どれにしようか迷っているとそれを見越したようにお店のご主人が
どんどん値段を下げてくれて、ついつい大人買い。
といっても普通にお店で買うことを思えば信じられないほどの安さ。
f0213180_13215070.jpg

他にもテーブルクロスやナフキン、昔の切手や木のおもちゃなど
ちょこちょこと買い、帰る頃には両手いっぱいになっていました。
アンティークの家具も心惹かれるものがたくさんあったけど、
今回は大物は断念・・
と思ったら友達の旦那さんは大きな椅子を2脚、さらりとお買い上げ。
男性の決断力はすごい。
他にもこんな光景をよく見かけました↓
f0213180_13205619.jpg

この日は澄みわたる青空にぽかぽか陽気で冬とは思えない最高のお天気。
対岸にサンフランシスコの街並みとベイブリッジが綺麗に見えて
気持ちいい一日でした。
そして何より仲の良い女友達とのお買い物は本当に楽しい!
お互いの好みがわかっているので、あれこれおしゃべりしながら
あっちへふらふら、こっちへふらふら。至福の時間でした。
絶対また来ようね、と再訪を誓いつつ、
一日がかりの買い物ツアーを満足して終えたのでした。
f0213180_1323522.jpg

[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-07 13:27 | event