f0213180_15322020.jpg

毎月恒例の行事となりつつある、男祭り。
男の子を持つママたち5組での集まりを最近こう呼んでいます。

2歳前後の男の子が5人も集まると毎回それはそれは賑やか。
家が破壊されそうな勢いです(笑)
おもちゃの取り合い奪い合い、必ず誰かが泣いていて・・
でも最初は喧嘩ばかりだった彼らもだんだんうまく皆で遊べるようになって
最後はとっても仲良し。
ママたちもその間おしゃべりしつつ美味しいものを食べたり、
楽しい時間を過ごします。
f0213180_15272672.jpg

今回の開催場所は我が家。
というわけで朝からお掃除お掃除♪
最近風邪の強い日が続いていたのでベランダに落ち葉がたくさん。
お客さまが来るから綺麗にしないとね。
f0213180_15244565.jpg

本日のおやつは、かぼちゃのプリン。
毎年この季節に食べたくなるまったり濃厚なプリン。
強めに焦がしたカラメルソースも大事なポイント。
ゆるく泡立てた生クリームと共に、いただきます。
f0213180_21204486.jpg

[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-06 21:23 | handmade sweets
f0213180_14533841.jpg


アメリカにいる間に習ってみたかったことのひとつ、キルト。
念願叶って月2回お教室に通うことになりました。

小学校の頃から手芸が好きで、ちまちまとお人形など作っては
満足していたけど、中高の家庭科の授業でミシンを使うように
なってから挫折(だってすぐに動かなくなるんだもの)。
大学時代は他にやりたいことがありすぎてお裁縫道具はすっかり
引きだしの奥の方にしまいこまれていたものの、
布やボタンなど見るのは好きで、ちょこちょこお店を覗いては
いつか再開したいなあと思っていました。

再び針と糸を手にするようになったきっかけは
妊娠中仕事をやめて時間ができたのを機に、
手芸屋さんの個人レッスンで赤ちゃん小物を作るようになったこと。
そこから一気に手芸熱が復活!
産後は時間が足りなすぎてまた手芸からは離れていたけど
手作りしたい気持ちがふつふつと高まっていた矢先に
通い始めたキルト教室。まだ一回目。

ハートのテーブルセンターを作ることにして、まずは布合わせから。
今も(むしろ赤ちゃんだった頃より)時間がないことには変わりないけど、
今朝は4時に起きて、もくもくと針を動かすこと数時間・・
気付いたら外はすっかり明るくなっていて、時計を見てびっくり!
さすがに眠くなったけど楽しかったー。なんだかとっても充実感。
完成させる喜びよりも、作る過程を楽しみたいな。
寒い寒いこの季節、家での手仕事にはまりそうな予感です。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-05 14:51 | days

f0213180_1011592.jpg

連休3日目はサンフランシスコへ。
よく晴れたすがすがしい日で
ひさしぶりの都会へのお出かけにわくわく。
土曜日だったのでフェリービルディングのファーマーズへ
行ってみることに。
フェリービルはお洒落で美味しいお店が並んでいて
何度か来ているけど、ファーマーズの日に来たのはこの日が初めて。
お天気も良かったので、いつもよりさらにたくさんの人で賑わっていました。
f0213180_1012499.jpg

ブルーボトルコーヒーと、韓国料理の屋台で軽くランチ。
他にも美味しそうな屋台がたくさん出ていました。
その後夫にKokiとお散歩してもらっている間に、
ビルディング内のお気に入りのお店をぶらぶらと見て回り、、

とここまでは良かったのだけど、その後思いがけぬハプニングにより
大幅に予定が狂ってしまいました。。。
f0213180_1427443.jpg


最後にクリスマスイルミネーションを見に
都会の真ん中、ユニオンスクエアへ。
大きなツリーにスケートリンク、デパートのメイシーズやニーマンマーカス
もきらきらの飾り付けでクリスマスムード満点!

f0213180_14345098.jpg

f0213180_1436036.jpg
近くて遠いサンフランシスコ。
今年はあと何回来れるかな。
まだまだ見たいところがありすぎて
後ろ髪ひかれながら帰路につきました。
f0213180_14301143.jpg

[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-03 14:37 | days
アメリカで迎える初めてのサンクスギビング。
何のお祭りなのかいまいちピンとこなかったけど、
アメリカ人にとってはクリスマスよりも大切なイベントなのだとか。
11月に入ってからずっと働きづめだった夫も、
ようやく休暇がもらえてひさしぶりの4連休。
サンクスギビング当日はありがたくお友達の家にお呼ばれになり
楽しい時間を過ごしました。
f0213180_9272572.jpg

昼間はインドネシアの友達の家へ。
テーブルにはターキーの他に、飲茶なども並び
私はキッシュとラザニアを持参したので
なんだか国際色豊かなメニューに。
ちょうど彼女のお父さんやいとこも来ていたので
皆でわいわいテーブルを囲みながら賑やかな食卓になりました。
f0213180_9413265.jpg

そして夜はお待ちかね、Nちゃんのおうちのサンクスギビングディナーへ。
今年はターキーを焼こうと思うんだけど良かったら食べにこない?とお誘いを受けてから、
お料理の腕前もプロ並みのNちゃんのターキーはどんな味だろう~と
ずっとずっと楽しみにしてました。
f0213180_9395661.jpg

料理雑誌の1ページを見ているような
完璧な焼き上がりに一同ほおーっとため息。美しい・・。
それもそのはず、前日から下処理や味付けなど何段階も行程を経て
オーブンで何時間も焼かれた大作です。
今年初めて挑戦しただなんて信じられない!

切り分けるのもまたひと仕事。
綺麗にサーブしてもらいとーっても美味しく頂きました。
スタッフィング(ターキーのお腹に詰めるもの)もソースもすべて手作り。
付け合わせのお野菜も丁寧に作られてて本当に美味しかったなあ。
お料理って作り手の人柄がものすごく出るけれど
Nちゃんの作るご飯はいつも素材を生かした優しい味で
どんなレストランの豪華なディナーよりも幸せな晩餐でした。
f0213180_9515086.jpg

デザートはNちゃんにリクエスト頂き
これまたサンクスギビングの食卓に欠かせないパンプキンパイ。
事前に貸してもらった葉っぱのパイカッターでちょっぴりおめかし。
こういうちまちまとした作業、結構好きです。

ゆっくりお茶など飲んでいたらすっかり9時を回ってしまい、
夫はその後ブラックフライデーと呼ばれる年に一度のセールへ繰り出していきました。
夜中に始まるからブラックなのかと思っていたら、
この日は売れに売れてお店が黒字になるからなんだとか。
夫は普段あまりショッピングをしない分、一気に買い物熱が高まったようで
早朝5時頃、紙袋を両手いっぱいに抱えてほくほくとした顔で帰宅。
翌日はご近所のおばあちゃんからもターキーをお裾分け頂き
ターキー尽くしのサンクスギビングを過ごしました。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-12-03 10:05 | event
f0213180_19325637.jpg

今年二度目のタルトタタン。
実はすごく好きなお菓子でケーキ屋さんに並んでいたら必ず注文してしまうほどだけれど
なぜか作るたびに失敗を重ねて苦手意識がありました。
先日、友達に栗原はるみさんの雑誌を借りたらパリのタルトタタン特集が載っていて
もういてもたってもいられなくなり。
さっそく作ってみました。見事成功!
オーブンに入れる前にフライパンでバターとお砂糖でじっくり飴色になるまで
煮詰めていくのがどうやらポイントのよう。
昔、同じくタルトタタン好きの母が、リンゴばっかりでヘルシーだから好き、
なんて言ってたけど、実は恐ろしいほどのお砂糖が入っています。
こちらでは紅玉が手に入らないので、お菓子には何のリンゴを使うんだろう、
と疑問に思っていたら、友達がグラニースミスという青いリンゴがいいよ!と教えてくれました。
そういえばパイシートの裏のアップルパイのレシピにも、
リンゴ(グラニースミス)って書いてあったっけ。
というわけで二度目はその青いリンゴを使ってみました。
ぎゅぎゅっと7個分のリンゴがぎっしり詰まってるので一切れでも食べ応えあります。
f0213180_19492994.jpg

タルトタタンを手土産に、最近引っ越したばかりの友達の新居へ。
お昼に中国風のお粥を用意してくれていました。
上に香菜と揚げたパンのようなものをトッピング。
味付けも絶妙で、これがとても美味しかったー。
最近Kokiがおままごとが好きで、という話をしていたら
インドネシア語でKokiはプロの料理人ていう意味なんだよ、と教えてくれました。
プロまでは望まないけど、せめて料理好きな男の子に育ってくれたら嬉しいな。
[PR]
# by cafe_machilda | 2011-11-21 19:53 | handmade sweets